ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選日程,日本代表メンバー,組み合わせ

 

2018年FIFAロシアワールドカップ(W杯)の
最終予選は12チームがアジアに与えられた4.5枠を
巡り、争います。6チームずつ2組に分け(組み合わせ)、
各組1位と2位が2018年FIFAロシアW杯本大会に
出場します。
各組の3位はプレーオフ(ホーム・アンド・アウェー方式)を
経て、勝者が大陸間プレーオフに進出します。
そこで勝ったら本大会出場、負けたら・・・さよならです。
ま、そんな窮地に立たされないためにも、
少なくとも2位以上の成績で本大会出場を決めて欲しい所です。

 

 

 

ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選(グループリーグ)の組み合わせは以下の通りです。

 

 

 

・グループA
イラン
韓国
ウズベキスタン
中国
カタール
シリア

 

 

 

・グループB
オーストラリア
日本
サウジアラビア
アラブ首長国連邦(UAE)
イラク
タイ

 

 

 

ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選(グループリーグ)の日程(日本日程)はこの通り。

 

 

 

2016年9月1日(木) 日本 vs UAE(1-2で日本負け)
9月6日(火) タイ vs 日本(0-2で日本勝ち)
10月6日(木) 日本 vs イラク(2-1で日本勝ち)
10月11日(火) オーストラリア vs 日本(1-1引き分け)
11月15日(火) 日本 vs サウジアラビア(2-1で日本勝ち)

 

 

 

2017年3月23日(木) UAE vs 日本(0-2で日本勝ち)
3月28日(火) 日本 vs タイ(4-0で日本勝ち)
6月13日(火) イラク vs 日本(1-1で引き分け)
8月31日(木) 日本 vs オーストラリア(2-0で日本勝ち。本大会進出)
9月5日(火) サウジアラビア vs 日本(0-1で日本負け)

 

 

 

アジアプレーオフ(ホーム&アウェー)
1回戦:2017年10月5日(シリア(1):オーストラリア(1)
2回戦:2017年10月10日(オーストラリア(2):シリア(1)

オーストラリア(豪州)が大陸間プレーオフ進出!

 

 

 

大陸間プレーオフ(ホーム&アウェー)
1回戦:ホンジュラス(0):オーストラリア(0)
2回戦:オーストラリア(3):ホンジュラス(1)

オーストラリア(豪州)がワールドカップ本大会進出決定!

 

 

 

ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選(グループリーグ)に参加する日本代表メンバーはこちら。

 

 

 

GK
東口 順昭(ガンバ大阪)
西川 周作(浦和レッズ)
林 彰洋(サガン鳥栖)

 

 

 

DF
長友 佑都(インテル・ミラノ/イタリア)
槙野 智章(浦和レッズ)
森重 真人(FC東京)
太田 宏介(フィテッセ/オランダ)
吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子 源(鹿島アントラーズ)

 

 

 

MF
長谷部 誠(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
柏木 陽介(浦和レッズ)
香川 真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
清武 弘嗣(セビージャ/スペイン)
山口 蛍(セレッソ大阪)
大島 僚太(川崎フロンターレ)

 

 

 

FW
岡崎 慎司(レスター・シティ/イングランド)
本田 圭佑(ACミラン/イタリア)
小林 悠(川崎フロンターレ)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美 貴史(FCアウクスブルク/ドイツ)
武藤 嘉紀(1.FSVマインツ05/ドイツ)
浅野 拓磨(VfBシュツットガルト/ドイツ)

 

 

 

追加
この中で長友、槙野が怪我のため不参加になり、
丸山(FC東京)と遠藤(浦和)を追加招集しました。

カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , パーマリンク